脱出報告書

version 0.21

コンセプト

ver0.20にて、よくわからない理屈でオーガの適性がオーガメイジに丸められてしまった。
鈍器適性が+3→-1, 魔法適性が軒並み-3→-1。
鈍器-1とかもはや何のためのオーガなのかとか釘バットどうすんのとか突っ込みどころ満載だが、開発の理屈によると、鈍器に+3も適性があるとあらゆるオーガでスキル極振りで釘バットを安定させるのがno-brainerの最強戦略で、ゲームバランスを著しく壊し、かつプレイヤーから武器の選択肢を奪っていたのがクソだから、適性をオーガメイジに変えたらしい。
いやぁ・・・オーガ君豆腐で釘バット安定させてもそれだけでno-brainerには勝てないというのに・・・相当廃人視点の変更やでぇこれ・・・

強くなったのか弱くなったのか

開発的な理屈だと、釘バットをno-brainerに振り回す旧オーガがつまらないくらいに最強すぎるとのことなので、弱くなったといえるでしょう。
旧オーガがトロルと並ぶかそれを上回る上位種族とはとても思えないのだが、開発および開発に近いプレイヤーおよび30連勝の廃人的には、相当な強種族だったらしい。
(公式Forumで種族評価を覗けば、オーガの高評価を確認できる)

ただまぁ、凡プレイヤー視点で見れば、旧オーガがそんな強かったとはとても思えないので、この変更は強化されたと捉えたほうがよいだろう。
ただし、それは、この種族がプレイに値する種族である、プレイしていて面白い種族であるということは意味しない。
確かにこの種族は術師でスタートすれば極めて序盤性能が高く(少なくともTeの10倍は生きやすい)、こと序盤の死亡率が高くなりがちなこのゲームにおいて勝率を下げないという視点では極めて優秀なのだが、別に序盤に弱くない術師をプレイしたいというのであれば、普通にもっと攻撃を避け、自前の鱗を持ち、かつおまけの追加攻撃やブレスがそこそこ優秀なドラコの方が強く、わざわざオーガを選ぶ理由は少ないといえるだろう。
一応終盤に鎧着られるとか大岩投げられるとか釘バットも持てなくはないとかそういうメリットはなくはないのだが・・・。
総括すると、尖っていた部分が失われ、中途半端に強くなってしまい、面白みが少なくなっている。

スペル選択を含む総合戦略

NaやDrの術師ビルドとほぼ同じ。違いは、万一Statue Formが引けなかった場合は相当辛いであろうということ。
DEやTeのようにやられる前にやるだけの火力は得られず、そのためある程度の近接は必要なのだが、その際に豆腐防御が効いてくる。
それを緩和するためのStatue Formは引けないと辛い。

Dump


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-27 (土) 09:53:54 (679d)