脱出報告書

Version 0.24

概要

Tengu初脱出を目指して脳筋と純術師それぞれで死体の山を積み上げる。
今回は妖術師スタートVehumet信仰でlv9スペル習得の予定だったが下賜に失敗。
成行きで死霊術メインの慣れないハイブリットになったが慎重プレイが功を制して無事脱出。

下賜調整に失敗

Vehumetから下賜されるスペル調整に失敗したのがすべての始まり。
獣攻略中にSticky Flameを下賜されたのでFire Magicに7だけスキルを振った。
この後Fire BallやBolt of Fire下賜されたらまた振ればいいやと思っていたら、火術が全く下賜されることなく最後の下賜へ。
Shatter,Lehudib's Crystal Spear,Tornado……。
Fire StormはおろかGlaciateも無くて途方にくれる。Tornadoは適正+3だけど未経験スペルなので敬遠してしまった。

途中Bolt of ColdとFreezing Cloudの下賜があったので氷術に計画変更するべきだったと反省。
Staff of FireとRing of fireを拾っていたし、GlaciateよりFire Storm派なので火術しかみていなかった。

ハイブリッド路線へ

下賜失敗したことでスキル振りと攻撃手段に悩む。最終下賜は1ルーン目の浅瀬攻略中。
とりあえずMerfolkが持ってた+5 Demon trident{elec}を拾おうと検索したら"Wyrmbane"がオーク店で売っているのを見つけたので購入。
どちらも最終クラス武器だが、予定が崩れて萎えていたのでこの時は素直に喜べず渋々Polearmsを伸ばす。
ここでも普段決め打ちプレイばかりなプレイヤーの経験値不足が伺える。

初めてのNecromancy雑感

Elf:3でNecronomiconを拾ったので、今回初めて死霊術をメイン火力として使用。ふつーに強かった。
Orb of Fireの対処が不安だったがHauntがそれ単体でOrb of Fire処理できる想像以上の性能にびっくり。
Bolt of Drainingも柔らかTenguの耐久を疑似的に上げていて相性が良かったのでは……?
Irradiateと組み合わせて使っていたのでZotモンスターとも危なげなく殴り合いができた。

その他初使用のDispel Undeadと、定番のBorgnjor's Vile ClutchとRegeneration,Sublimation of Bloodを覚える。
死霊術は単体で何でもこなせる器用なやつでした。

総評

未経験ビルドで慎重プレイだったおかげで脱出まで危ない場面はほとんど無かった。やはりこのゲーム最大の敵は慢心。
武器以外の装備も良いものが集まり、AC盾と"Wyrmbane"でAC底上げしていたのも大きかった気がする。
特筆すべきは深層の獲得巻で入手した{-Tele}のAmulet。{-Tele}の有無でZot:5の難易度がダンチ。

Tenguは当分使うことはないだろう。
どのビルドにしても柔らかくてTenguだけ被ダメ計算式違うんじゃないかと疑いたくなる。
DEとOp脱出はもっと柔らかかったのにTenguだけなぜ頓死してしてしまうのか。

ハイライト

50634 | Spider:2 | Noticed Nikola
50634 | Spider:2 | Noticed Jorgrun
50636 | Spider:2 | HP: 1/105 [Nikola/chain lightning (23)]

階段降りたら2人が視界に入ってJorgrunからGrasping Rootsを撃たれる。
Grasping Rootsに気づかず<連打してて階段上がったと思ったらこのHPである。
rElec無い時のNikola恐るべし。

Dump

http://lazy-life.ddo.jp:8080/morgue/Abara/morgue-Abara-20191114-133125.txt

コメント

  • Teだけ柔らかい、よくわかるw -- 2019-11-16 (土) 10:52:12
  • いつも楽しく見てます。 -- 2019-11-25 (月) 08:22:29


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-25 (月) 08:22:29 (12d)