おすすめキャラメイク

Version0.24/0.25(trunk)

概要

恒久的なMP消費でHPを回復できたり、
Damage resistanceという、ほぼ全ての攻撃に対するダメージ軽減、また高いステータスなど、様々なインチキ性能を誇るDeep Dwarf。
欠点はHPが自然回復しないことであるが、これをMakhleb式殺戮健康法で補うことにより、
平時においても緊急時においてもインチキな@が誕生する。

序盤

  • とりあえず覚えるべきはVampiric Draining。Makhlebの信仰値がたまるまでは、このスペルでHPを回復していこう。
  • Animate skeleton/Dead など、下僕を使うことで、@本体の被弾を減らせる。是非覚えよう。
  • Makhlebの信仰値がたまりきり、殺戮健康法が安定し始めたら、脳筋への転向時期。片手斧+盾+重鎧で全てをなぎ倒せ。
    • 武器スキルが安定するまではVampiric Drainingが必要なので、それまでは鎧は軽めにしておく
    • いずれは重鎧を着てVampiric Drainingが使えるようになる。殴って敵を倒しHPをパッシブで回復させていくのが基本であるが、Vampiric Drainingも十分使い道はある
  • 序盤はなんだかんだ厳しく、MPを恒久的に減らさざるを得ない局面も多いだろう。だが、どうせ魔法など使わないと割り切り、死ぬくらいならHPを回復しよう。
  • Makhlebの祈祷はリスクはあるが強い。祈祷を延ばしてガンガン使っていこう。
    • 信仰値を消費しないMinor Destructionが便利。
    • Major Destructionもなかなか火力が高くて便利。巻き込まれないようにだけは注意。
    • 言わずもがなLesser Servant。連打してるだけで獣制圧は余裕
    • Greater Servant。敵対召喚のリスクを考えると何も考えず乱発は難しいが、強い

中盤

  • 軌道に乗り始めたら、自前のDamage Resistanceの効果もあって、見かけよりかなり硬くなる。しかも、死にそうになっても、思考停止のHP回復が可能なこともあり、なかなか死ねない。
  • 魔法書の引き次第では魔法を使うのも悪くない。ステータスもスキル適性も、重装魔法戦士向きである。ただし、使いたくてももう残りMPが少ないかもしれない。そのときは諦めよう。
  • 変なユニークにであったら、**安全を確保した上で**、我らが処刑先生を呼ぼう。
    • でも処刑先生は来てくれないことも多い。悲しい。

終盤

  • 脱出は容易いので解説は不要だろう

Reference

Dump

  • 15ルーンコンプ radinms
    • 序盤にStatue Formを引いたので、石像格闘ルートでルーンコンプ。DDのためステータスも高く最終的にはオレンジ鎧でNecromutationが安定してしまう

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-17 (日) 11:14:43 (80d)