sprint

概要

敵を倒しながらほぼ一直線に進んでいくタイプのスプリント。
最序盤に透明化クロークが確定で手に入り、本もランダムながら落ちている。
スタートから右に進むと祭壇部屋。
以後、分かれ道は片方が順路でもう片方が店・アイテム部屋という構造。
北西がスタートで南東がオーブ。

最大の問題は、敵の配置である。
このスプリントは敵も構造も毎回固定なのだが、曲者揃い。

・オクロブ草の「群れ」、所々に霊視持ちのburning bushもセット
・序盤に蜂軍団、女王蜂付き
・霊視持ち高MRのdemonic crawlerにスプリガン各種、上位種もユニークも居る
・常時透明のghost moth

ちなみに、肝心のフェダスの祭壇は、無い。
店はたくさんあっても、ゴールドは400~500程度しか無い。
経験値は全て殲滅してもXL13~14程度。
この限られたリソースで厄介な相手を個別に対策していかなければならない。

ビルド例

まず、開幕のgreen rat→oklob saplingを超えられる種族・職が限られる。
また、上記のようにあらゆるリソースが限られているため、スタート時の種族・職・信仰でビルドがほぼ決まってしまう。

SpEn?/VpEn? of Dithmenos

オクロブ草対策を暗殺に頼る。
幸い、途中で起こしてしまっても霊視が抜けている上にconfuseが入る。
(透明化だけで殴るとワンパン即死を免れない)
高MRの霊視持ち相手(スプリガン、demonic crawler)にはshadow stepで片付けるか、普通に歩いて起こしてしまったらDazzling sprayで盲目にして暗殺。
スプリントでは信仰値の貯まりが速いのでそこまで気にする必要はないが、オーブランでShadow Formに頼りたければ要節約。

ほぼ同じ発想でVpEn?という選択肢もある。
回避・俊足・詠唱適性では劣る代わりに、耐久面(HP、耐性、盾)で勝る。特にHPが倍近く多くなるのは大きい。
オーブランではコウモリに頼れる為、往路でshadow stepを多用しても問題無い。

基本的にオーブまでは覚えゲーで、運要素があるにしても諦めず何周もチャレンジすればいずれ必ず辿り着く。

最大の問題はオーブラン。
オーブからスタートまでの経路は曲がりくねって長い上に、全体的に狭くて逃げ場も無い。
制御テレポは無効、Executionerはスプリガンが加速してもギリギリ突っつかれる速度。
隠密最大&Shadow formでも、モンスターが湧いてくるにつれ物理的に道を塞がれてしまう。
これを超えるためにはPassage of GolubriaやBlinkが有効……だが本を引けるかは運。
時間が経てば経つほど敵が湧いて不利になるため、なるべく戦闘は避け、加速手段は早めに使うのを推奨

オーブまではパターン&運、オーブランは完全に運ゲー。
全体のボリューム自体は短いため、攻略パターンを磨きつつ回数をこなす。

日本鯖のダンプ一覧
http://lazy-life.ddo.jp:8080/scoring/top-100.html?filename=scores-sprint-dungeon_sprint_fedhas&version=trunk

Yredelemnul(信仰値の仕様変更後ver)

Yredelemnulの信仰値の仕様に変更が入り、オクロブ草など非生物を倒しても信仰値が稼げるようになった。
よって、信仰値が貯まり下僕が下賜されるまでなんとか生き延びることで、パワーバランスが完全に逆転する。
the Enchantressはもちろん、パンデモニウムロードですら圧倒的戦力で制圧する。

ダンプ(VpEn?http://lazy-life.ddo.jp:8080/morgue/Sekko/morgue-Sekko-20170504-102425.txt


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-04 (木) 19:40:17 (627d)