[[職業/魔獣使い]]

-真・生物支配が意外と使える、クローン地獄で蟻が大量召喚されたときに支配即解放で消したり --  &new{2015-01-08 (木) 23:51:23};
-乗馬で加速を稼ぐため指輪枠その他を打撃強化に回しやすい。普段から片手を空けているので自然と両手持ちで戦える。トランプ領域のおかげで折れた武器修復のハードルが低く、理力武器も扱える。 などなど、近接火力を伸ばす要素に恵まれた職業でもある。両指に追加攻撃・地獄首輪・鉄下駄装備して両手持ち修復理邪武器で殴りこむ。なんてことも --  &new{2016-03-12 (土) 11:09:42};
-ペットがとどめを刺すとアイテムを落とさないのが結構辛い。対ユニークでのツモ運が大事かも。 --  &new{2016-06-12 (日) 23:37:00};
-あと、魔法に必要な能力は、魅力。忘れるな! --  &new{2016-06-12 (日) 23:38:04};
-経験値とアイテムが惜しい時はペットの攻撃魔法をこまめに禁止しておこう。"p"「ペットに命令する」コマンドでスイッチを呼び出せる。両手持ちのON/OFFもココ --  &new{2016-09-16 (金) 23:40:19};
-(理力)ヘヴィ・ランス(+10,+10)ってこれだけで104・5点も出るのか。会心も乗るからエライ強いな --  &new{2016-09-24 (土) 02:46:54};
-確実に手に入る(トランプ)ヘヴィ・ランス(+10,+10)で対邪64点&会心。武器に恵まれた職だ --  &new{2016-09-24 (土) 02:50:46};
-両手持ち乗馬が落下率が上がるのでやめたほうがいいかも またヘヴィランス片手持ちは四回攻撃どまりである --  &new{2017-04-23 (日) 19:20:34};
-周囲に落馬可能な場所が無ければ落馬しないので、両手持ちは穴熊や召喚でスペース埋めて殴りあうとき限定解禁が吉 --  &new{2017-04-23 (日) 21:08:13};
-ペットへの命令はターンを消費しないのでどんどん使うべし サーペントには古代ドラゴン召喚→ペットを対象にして召喚のみONを繰り返すことでドラゴンの群れを作り出すことができる 仲間割れを避けるために邪悪または善良で揃えた方がいいがそうしなくてもあっけないほど簡単にサーペントのHP削れていく MPが減りまくるので0にならないように注意 --  &new{2017-04-26 (水) 12:54:29};
-槍系の理力武器を見つけて武器修復で5分の1のマテリアル判定を経てさらに3分の1の理力判定、そしてそれがランスになるのを夢見る職 --  &new{2018-01-26 (金) 09:55:01};
-乗馬に向いていない武器の命中ペナルティが少ないので、夢から半ば醒めた魔獣使いは理邪カオブレで妥協する --  &new{2018-01-26 (金) 18:40:56};
-あくまで基本は打撃職(というか打撃能力そこまで低くないし) 最終盤は魔力復活の薬さえあればDの群れをけしかけられるけど --  &new{2020-01-28 (火) 02:50:13};
-虎使いが成長するとカブトムシ使いに進化するのか。まあこの世界ではfよりKの方が強いか。 --  &new{2020-01-28 (火) 12:42:05};
-ボオオオオオォォォグバトォオオオ!それは、人生の縮図 男のロマンである --  &new{2020-01-29 (水) 01:20:08};
-生命力の無いモンスターも一部は召喚可能。ドラゴン召喚でのドローレム・幽体ワイアーム、モンスター召喚でのシャンブラーなど。 --  &new{2020-02-06 (木) 10:44:03};
-ふらふら移動し始めるけど両手持ちすればヘヴィランスも5回振れる。落馬するようになっちゃうからリスキーなのが難。 --  &new{2020-02-11 (火) 11:52:16};
-なぜか同じ騎乗職の騎兵と比べて二刀流技能が2000も高いんだが使うことあんのかねー 騎兵よりかはトランプ召喚で囲んで棒を叩くができて騎乗の依存は少ないとはいえ --  &new{2020-02-15 (土) 06:36:56};
-ほぼ基礎スペックがペットに乗るようになった戦士の騎兵と違い魔獣使いは一応デュアルなので魔道具技能が騎兵より高い 騎兵よりは魔道具技能を補う必要性が低く装備or性格で補わなくていいという点 シャッフルでライフレート吟味できる点で見かけよりかは騎兵とのHD差は少ない --  &new{2020-02-28 (金) 02:22:16};

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS