アーティファクト

★ロング・ソード『アンドゥリル』 (2d5) (+10,+15) [+5]

   +4の修正: 腕力
   対: 邪悪, オーク, トロル
   武器属性: 焼棄
   耐性: 火炎
   維持: 器用さ
   麻痺知らず, 可視透明, 永久光源(半径1)
   追加: 能力or耐性
   発動: ファイア・ボール(72) : 9 ターン毎
   レベル 20, 希少度 40, 6.5 kg, $80000

ダメージ期待値

通常/邪/オト|焼
6+1512+1518+1515+15

雑感

能力値的に、グラムドリングに近い武器。
武器の性能的には同じようなものだが、麻痺知らずと可視透明、腕力の修正と発動などで、使い勝手は上がっている。 発動のファイアボールはそこそこの威力で便利である。

腕力上昇で火力は向こうより多少出るが、結局は序盤向けの武器である。

余談だが、原作では『ナルシル』を鍛え直したものがこの剣であるが、変愚蛮怒には両方収録されているどころか、ナルシルを修復しても全く違う武器になる。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • マイナーチェンジっていうか共通する部分の方が少ないような気がするがどうなんだ -- 2013-05-11 (土) 11:48:17
  • 武器ダメージ、火属性と耐性、追加耐性くらい・・・あ、あっちには麻痺知らずとかついてないのか -- 2013-05-11 (土) 13:57:04
  • +4腕力のおかげでなかなか強力。 -- 2014-05-24 (土) 23:48:49
  • 原作での死者の軍勢のエピソードにあやかって発動を幽体戦士の群れの召喚にすると雰囲気が出そう -- 2015-01-31 (土) 00:45:44
  • 追加攻撃はナルシルにはあるがこっちには付いていない -- 2020-05-29 (金) 00:13:16
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 09:52:09 (2143d)