モンスター/エレメンタル

レブマの女王『モイア』/Moire, Queen of Rebma (Blue 'E')

=== Num:615  Lev:39  Rar:3  Spd:+10  Hp:2000  Ac:40  Exp:3250
玉座に一人の女が座っていた。その髪はところどころに銀色のまじった緑色だった。
その目は翡翠の月のようにまん丸く、その眉はオリーブ色のかもめの翼のように高く弧を描いていた。
口は小さく、顎も小さく、頬は高く広く、丸かった。
白金の飾り環がその眉を横切り、水晶のネックレスがその首に垂れ、その先のサファイヤが、露出した美しい乳房の間できらめいていた。
乳首も緑色をしていた。青い鱗の半ズボンに、銀色のベルト。右手にピンク色の珊瑚の王笏。
それぞれの指に、それぞれ色合いの異なる青い石のはまった指輪。彼女は口をきく時、笑顔を見せなかった。
(ロジャー・ゼラズニイ、岡部宏之訳「アンバーの九王子」早川書房、p.131)
彼女は通常地下 39 階で出現し、少々不規則に、かつ素早く動いている。
この邪悪なる人間を倒すことは 1 レベルのキャラクタにとって 約42250.00 ポイントの経験となる。
彼女は魔法を使うことができ、アイス・ボール(206+10d10)、ウォーター・ボール(50+117)、
ウォーター・ボルト(58+10d10)、極寒の矢(58+6d6)の呪文を唱えることがある(確率:1/4)。
彼女はドアを打ち破り、水を渡り、弱いモンスターを倒し、アイテムを壊すことができる。
彼女は毒の耐性を持っている。
彼女は恐怖を感じないし、混乱しないし、眠らされない。
彼女は侵入者を見過ごしがちであるが、 120 フィート先から侵入者に気付くことがある。
彼女は 6 個までの上質なアイテムを持っていることがある。
彼女は 5d5 のダメージで殴って攻撃し、 5d5 のダメージで殴って攻撃し、
 5d5 のダメージで殴って攻撃し、 5d5 のダメージで殴って攻撃する。

雑感

Eシンボルだが人間。
魔法は極寒の矢や、耐性で軽減できないウォーター・ボール、ボルトなど粒ぞろい。
大抵寝ているので積極的に狩りに行く必要はあまりないだろう。
荒野の水辺にでてくるので、レベルの低いうちに海に近づくのは危険である。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 特別何かやらかしたわけではない…むしろコーウィン視点からだと色々協力的なのだがアンバーの登場人物だからか、エレメンタル系だからか、邪悪 -- 2020-11-23 (月) 04:21:31
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-23 (月) 04:20:29 (65d)