モンスター/エレメンタル

奇怪な原子核の混沌『アザトート』/Azathoth, Seething Nuclear Chaos (Multi 'E')

=== Num:852  Lev:93  Rar:3  Spd:+20  Hp:9801  Ac:150  Exp:50000
クトゥルフ神話における最高神。「なべての無限の中核で冒涜の言辞を吐きちらかして沸きかえる、
最下の混沌の最後の無定形の暗影にほかならぬ―すなわち時を超越した想像もおよばぬ無明の房室で、
下劣な太鼓のくぐもった狂おしき連打と、呪われたフルートのかぼそき単調な音色の只中、
餓えて齧りつづけるは、あえてその名を口にした者とておらぬ、果てしなき魔王アザトート」
(H・P・ラヴクラフト、大瀧啓裕訳「未知なるカダスを夢に求めて」『ラヴクラフト全集6』、創元推理文庫、p.173)
それは通常地下 93 階で出現し、非常に素早く動いている。
この狂気を誘う邪悪なるデーモンを倒すことは 1 レベルのキャラクタにとって 約1550000.00 ポイントの経験となる。
それは炎と氷とスパークに包まれている。
それは通常護衛を伴って現れる。
それはカオス(600)や劣化(500)や魔力(250)や分解(150)のブレスを吐くことがある、なおかつ魔法を使うことができ、
ウォーター・ボール(50+d279)、デーモン一体召喚の呪文を唱えることがある(確率:1/5)。
それはドアを開け、ドアを打ち破り、水を渡り、壁を掘り進み、アイテムを壊すことができる。
それはテレパシーでは感知できない。
それは素早く体力を回復する。
それは酸と炎と毒とカオスと劣化の耐性を持っている。
それは混乱しないし、眠らされないし、テレポートされない。
それは侵入者に対してほとんど注意を払わないが、 1000 フィート先から侵入者に気付くことがある。
それは 9 個までの上質なアイテムを持っていることがある。
それは 35d5 のダメージで体当たりして攻撃し、 35d5 のダメージで体の上を這い回って酸を飛ばし、
 35d5 のダメージで体当たりして攻撃し、 35d5 のダメージで体の上を這い回って酸を飛ばす。

雑感

Eシンボル最上位モンスター。
タイム・エレメンタルウィル・オー・ウィスプとの遭遇回数がやけに多かったり、
複数のシャンブラーが固まっていたら、アザトースがいるつもりで行動したほうがよい。

三色オーラがあるので殴り合っても痛いが、こいつの脅威は取り巻きにこそある。
シャンブラー混沌を侍らせていると最悪。
こいつを倒さない限り、深層でテレポートを行うと護衛のシャンブラーの群れに突っ込む危険性があるのだ。
深層でのテレポートは大変危険で非推奨だが、その理由の一つがアザトースの護衛集団である。
放置していても危険なので、適当に誘導して適宜処理しよう。

アザトース単体に目を向けると、いやらしい攻撃は多いが案外付け入る隙は多い。
上位属性のブレスを持つとはいえ、使用確率1/5で低威力のものが混ざっているし、耐性の穴も多い。
感知範囲が広く壁掘り能力を持つので、起こしてしまえば一対一の戦いに持ち込みやすい。
ただしモンスターを押し退ける能力がないので、護衛で身動きがとれないことがあるのには注意。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 護衛がシャンブラーでこちらが電撃免疫持ちなら、シャンブラーを起こしてブレスに巻き込ませるだけで一瞬でボロ雑巾にできる。レアケースだろうけど。 -- 2014-01-22 (水) 22:50:53
  • テレパシーで感知できない 深層でやけにタイムエレメンタルが寄ってくるな?と思ったら注意 -- 2014-01-24 (金) 13:05:03
  • 深層ユニークにしては魔法の使用率が低いので1対1ならあまり怖くない。上記の通り護衛が迷惑極まりないので早めに倒しておきたい相手。 -- 2017-06-28 (水) 13:09:16
  • 魔力吸収や消去が無いのが意外 -- 2019-05-29 (水) 09:30:10
  • 感知範囲広い・壁掘り・アウェイ不可・取り巻きが強力 Uやアンバーやボスユニークと並んで優先的に処理してる -- 2020-04-04 (土) 18:28:56
  • 雑感のアザトースって何?そういう別名があるの? -- 2020-12-18 (金) 10:48:13
  • ↑本来は人間には発音できない名前に無理やりアルファベットを当てはめただけだから呼び方は自由ということになってる -- 2020-12-18 (金) 13:02:40
  • なのだが時の変遷は外なる神々にも容赦なく及び、アザトート→アザトース、クトゥルー→クトゥルフ、ナイアルラトホテップ→ニャルラトホテプという呼び名が定着しつつあるようである。 -- 2020-12-18 (金) 21:56:51
  • TRPG版が知られてるのでその呼び方(沸騰する混沌の核『アザトース』)が一般的というか支配的。元の英語版ZangでもTRPG版からの引用だが、変愚のこの訳はどこから取ったのかは不明 -- 2020-12-18 (金) 23:31:17
  • 思い出で表示されている大滝啓裕訳だと、「アザトホース」「ナイアルラトホテップ」だったね。 -- 2020-12-19 (土) 09:47:53
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-05 (土) 09:16:35 (51d)