モンスター/ムカデ

おどろしきバンダースナッチ/Frumious bandersnatch (Blue 'c')

=== Num:232  Lev:12  Rar:2  Spd:+10  Hp:13d8  Ac:30  Exp:40
それは頑丈なアゴと尖った尻尾を持った、防御力の高い巨大なムカデだ。
それは通常地下 12 階で出現し、素早く動いている。
この自然界のモンスターを倒すことは 1 レベルのキャラクタにとって 約160.00 ポイントの経験となる。
それはドアを打ち破ることができる。
それはまれにテレパシーで感知できる。
それは経験を積むと、キャリオン・クローラーに進化する。
それは侵入者をほんの少しは見ており、 120 フィート先から侵入者に気付くことがある。
それは 2d4 のダメージで噛んで攻撃し、 2d4 のダメージで噛んで攻撃し、 2d4 のダメージで刺して攻撃する。

雑感

バンダースナッチ(Bandersnatch)とは、ルイス・キャロルの詩『ジャバウォックの詩』と『スナーク狩り』で言及される架空の生物である。
キャロルの詩の中では、バンダースナッチの姿形や大きさについては説明されていない。
また、バンダースナッチというのがフェニックスのような一体の生物のみに与えられている名前なのか、それとも一群の種に与えられた名前なのかも記述されていない。

ラリー・ニーヴンのSF小説『ノウンスペースシリーズ』では、高重力惑星ジンクスで発見された巨大なナメクジのような生物に、
さしあたっての種と属名として「おどろしきバンダースナッチ(Frumious bandersnatch) 」が与えられている。

(引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%81

体重80tに達する、巨大な白いナメクジのような人工生物。元々はトゥヌクティプ人がスリント人の食料源として作り出したもの。それゆえスリント人やトゥヌクティプ人は「白い食物」という直接的過ぎる呼称で呼ぶ。単細胞の生物で、出芽によって増殖し、突然変異を起こさない。実は知的生物で、スリント人に対するスパイの役目を果たした。スリント人のテレパシーを無効化する(トゥヌクティプ人がスリント人に対抗するための罠)能力を持つ。

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9#%E7%A8%AE%E6%97%8F

速度+10とそこそこのACがあるので正面から殴りあうと少し手強い。
それでも純打撃職なら簡単に倒せるだろうし、搦手は持たないのでデュアル職などでも容易に対処可能だろう。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 雑感はwikiからまるまるコピってきたので、問題がありましたらお手数ですが修正お願いします。 -- 2013-01-25 (金) 22:54:58
  • 引用元は明記しましょう -- 2013-01-26 (土) 11:23:06
  • 流石に引用が長すぎたので一部コメントアウト -- 2015-02-11 (水) 11:46:33
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-20 (日) 03:13:49 (95d)