モンスター/人間

[U] ごまかしの名手『ブレイズ』/Bleys, Master of Manipulation (L.Umber 'p')

=== Num:789  Lev:67  Rar:1  Spd:+20  Hp:5000  Ac:100  Exp:35000
この狡猾なアンバーの王子は陰謀の名人だ。
「真っ赤な顎ひげ、燃えるような頭髪の男。赤とオレンジの、主として絹の衣裳。右手に剣、左手にワインのグラス。…目の奥に、悪魔そのものが踊っている。
華奢な顎だが、顎ひけがそれを隠している。その剣には、精巧な金色の線条細工の象眼がある。右手には大きな二つの指輪、左手にも一つ。
順に、エメラルド、ルビー、サファイアのもの。」
(ロジャー・ゼラズニイ、岡部宏之訳「アンバーの九王子」早川書房、p.48)
彼は通常地下 67 階で出現し、非常に素早く動いている。
この邪悪なるアンバーの王族の人間を倒すことは 1 レベルのキャラクタにとって 約781666.67 ポイントの経験となる。
彼は的確に魔法を使うことができ、ファイア・ボール(10+d234)、アイス・ボール(10+d100)、精神攻撃(7d7)、恐怖、目くらまし、混乱、ショートテレポート、テレポート、テレポートバック、テレポートアウェイ、テレポート・レベル、トラップ、モンスター複数召喚の呪文を唱えることがある(確率:1/3)。
彼はダンジョンを照らし、ドアを開け、ドアを打ち破ることができる。
彼は素早く体力を回復する。
彼は稲妻と炎の耐性を持っている。
彼は混乱しないし、眠らされないし、テレポートされない。
彼は侵入者を見過ごしがちであるが、 1000 フィート先から侵入者に気付くことがある。
彼は 12 個までの上質なアイテムを持っていることがある。
彼は 8d15 のダメージで殴って攻撃し、8d15 のダメージで殴って攻撃し、触ってアイテムを盗む。

雑感

「真世界アンバー」シリーズに登場する、アンバーの九王子のひとり。
フィオナの同母の弟でブランドの兄。魔術の大家であり、剣術の腕も確かだという。

攻撃魔法は元素のボールと精神攻撃のみ。
怖い魔法は複数召喚だけなので、アナグマすれば楽勝、と思うが、問題は盗み逃げである。
テレポートで逃げまわるのもあり、中々接近戦に持ち込みにくい。
じっくり粘るか、召喚覚悟で遠距離の撃ち合いを挑むかの二択である。
勿論血の呪いはあるので、倒すときは反魔法装備、できれば穴熊の中で倒したい。

62Fのランクエにも出現。
この階層ではアンバーは頻出するので、やりあうつもりなら反魔法を忘れずに持って行こう。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 陰謀の名人というよりは、剣と魔法で戦うイメージが強いキャラなのだが… -- 2017-01-06 (金) 12:41:46
  • Master of Manipulationは"〔巧みな話術・印象操作などを使って〕人を操る名人"という意味らしい。人たらしみたいなイメージだろうか。"ごまかしの名手"って訳は正直ちょっと微妙 -- 2017-03-27 (月) 02:23:16
  • 翻訳する時にアンバーの王族を縦に並べててケインと入れ違いになったんじゃなかろうか -- 2017-03-27 (月) 15:14:29
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 09:52:09 (2251d)