RecentChanges

2013/04/14 2.1.2(開発版)

機能追加・変更

  • アリーナの報酬を微調整
  • 吟遊の歌、呪術の持続効果をプレイヤーの行動毎ではなく、エネルギー消費100毎に行なうようにした。
    • 打撃、魔法など1ターンを消費する行動をする分には大きな変化はない。
    • 射撃など、消費ターンが1からずれる場合に顕著に差が生じる。
  • トラベルコマンドの仕様変更
    • 発見済の無視できないトラップで止まるようになった
    • 様々な要素で中断されるようになった
    • 既知の経路のみを使用できるようになった
    • 深い水、溶岩、既知のトラップを可能ならば避けるようになった
  • 乱数生成をXorshiftに変更
  • 天狗とデスソードにテレポ禁止エリアを設置。ミミックの財宝と同等のアイテムを配置。
  • 松明に投擲フラグ(倍率+3倍)追加。燃料が残っている場合、1d6|焼。
  • 新クエスト「もの言えぬ証人」を追加。柳じじいの前、5F相当。飛び道具推奨。
  • 部屋生成時、最低でも2部屋を保証するように変更
  • モンスターにダメージを与えたときの経験値を修正。詳しくは解析/経験値を参照。
  • 耐性等表示画面にて、フラグ所持/非所持で色を変えるようにした
  • 集中力を高めたスナイパーの攻撃をより当たりやすくした
  • スナイパーの打撃性能をアーチャーと同等に変更
  • 矢弾のダメージ表記を変更。
    • {1射あたり/クリティカル考慮/クリティカル考慮ターンあたり}という形式に
    • オプションにて従来の形式と選択可能にした
  • 射撃のクリティカルに弓の命中力や種族/職業/性格の補正、熟練度が効くように変更
    • ほとんどの武器では従来とほぼ同等のクリティカル率だが、+40等の優れた数値では有意差が出る
  • 打撃のクリティカルに種族/職業/性格の補正が効くように変更
  • スナイパーの古い城の報酬を『獅子殺し』に変更
  • スナイパーの古い城の報酬を名射手ウィリアム・テルのライト・クロスボウに変更
    • クリティカルを考慮すると命中時単発威力で強力射ヘヴィ(+10,+10)とほぼ互角、命中と射撃速度で勝る
  • アーチャー・レンジャーの古い城の報酬を与一の弓に変更
  • 矢のダメージ表記にクリティカルを考慮
  • 矢のダメージ表記の冗長化オプションを導入
  • 宝物庫の難易度調整(密度と配置を変え、若干の難度低下)
  • C画面での命中表示に種族・職業・性格を考慮
  • 射撃武器の高速度/高精度エゴの数値を調整。+30程度の高い修正になる可能性がある。

バグ修正

  • Windows版にて、全てのWindowを画面外に生成すると強制終了する問題に対処。(画面外にはWindowを生成できない)
  • スナイパーの貫通弾で特定条件を満たすとアーティファクトの矢弾が失われるバグを修正

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 09:52:09 (1636d)