概要

Hengbandにおける魔法防御の役割をまとめる。 (alpha版で他に魔法防御が上がる要素が追加されたが詳細未記入)

長い三行で

魔法防御が100以上あれば因果混乱耐性が抜けててもレベル・テレポートの呪文以外大丈夫。
魔法防御が125以上あれば彫像化しない。
魔法防御が150以上あればオベロンにもレベル・テレポートされないし、混沌のサーペントの破滅の手も効かない。
(エルドリッチ・ホラーの完全な無効化は無理)

計算

魔法防御の基準値は次のように計算される。
なお、変身魔法を使用している場合、種族も対応するものとする。

(種族補正) + (職業初期値) + (性格補正) + (職業補正) * (@のレベル) / 10 + (性格補正) * LV / 50 + (賢さボーナス)

種族/職業/性格の値に関しては、対応するページを参照。
賢さボーナスはWISの値によって決まり、0~19の値をとる。

この基準値に対して、さらに以下の処理を順番に行う。

判定

@が受ける一部の効果については、魔法防御を用いてセービングスローを行う。

以下に、魔法防御を用いる効果/判定方法について挙げる。
なお、判定方法が省略されている場合、1d(100 + (モンスターのレベル) / 2) <= (魔法防御)が成功すれば、不利な効果を受けずに済む。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-07 (水) 11:49:36