アーティファクト

★名射手ウィリアム・テルのライト・クロスボウ (x4) (1.20turn) (+40,+13)

   +4の修正: 器用さ
   可視透明
   発動: なし
   レベル 35, 希少度 30, 5.5 kg, $50000

雑感

1.7で追加されたアーティファクト。
与一の弓と対となる高修正値とそこそこの威力を持つ。
命中が高いのはもちろん有効なのだが、ロング・ボウに射撃性能で劣るクロスボウが評価されることはあまりなかった。
命中の高さは体感しにくく、数値として評価されることがなかったのも一因か。

2.1.2から射撃武器の命中修正がクリティカル発生率に寄与するようになり、その恩恵を大きく受けている。
クロスボウでの会心にボーナスがあるスナイパーで特に影響が大きく、サーペントにも通用する性能になっている。
2.1.2からスナイパーの古い城の報酬となっている。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 器用さ最大値のスナイパーが集中度7の状態で命中修正+10の矢を撃とうとすると60%近いクリティカル率を叩き出す。運は絡むもののそんじょそこらの強力射ヘヴィを凌駕する活躍をしてくれる。 -- 2016-10-27 (木) 00:09:41
  • スナイパーがクリティカル率60%で運用するとき、会心によるダメージ期待値は1・5倍。 -- 2018-10-10 (水) 13:17:44
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 09:52:09 (1576d)