自動拾いファイルが読み込まれるタイミング

  • "$"コマンドで明示的に読み込んだ時
  • "_"コマンドで起動したエディタを終了しゲームに戻った時
  • 階層移動した場合、もしくはゲームを再開した時
  • @の種族が変わった時
  • @の名前が変わった時
  • @のレベルが変わった時
  • 第二領域を変更した時

leave_special(種族/職業で特別に必要なアイテムは壊さない)オプション

このオプションで以下のアイテムが破壊されずに残る。 ただし、自動拾いファイルに記載があればそちらが優先される

  • 種族バルログならphtの死体
  • 職業アーチャーなら頭蓋骨の破片, 骨の破片, ~の骨
  • 職業忍者なら鑑定済み"暗闇の"エゴの光源
  • 職業魔獣使いか騎兵なら判明済み回復モンスターの魔法棒

自動拾いに登録できる限界

autopick.txtには1009個まで登録できると書かれている。 しかしソースを読むとそんな制限はなく、メモリの許す限り登録できるようだ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 09:52:09 (1056d)